• お尻や脚の付け根からふくらはぎにかけて痛い、痺れる
  • 長い時間立っているのがつらい
  • 腰を反らすと痛みや痺れが強くなる
  • 太ももの後ろ側がだるい、強い違和感がある
  • 片方の足だけに冷えを強く感じる
  • けん引、電気治療を繰り返しやっているが良くならない
  • 整形外科、整体、クイックマッサージといろいろ通っているがなかなか改善しない
  • もうこの痛みは一生治らないと諦めている
大丈夫

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれるような痛みなどの症状のことを指します。

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれるような痛みがあらわれます。

坐骨神経痛の原因は?

梨状筋症候群とは、梨状筋が坐骨神経を圧迫し、坐骨神経痛を引き起こす病気です。

梨状筋の場所はお尻の奥で、バンドのように薄べったい形をしていて、股関節の後ろ側を覆っています。そして梨状筋は、仙骨と大腿骨にくっつき、股関節の動きをコントロールしています。

梨状筋症候群で梨状筋に圧迫される坐骨神経は、腰椎部分から始まり、お尻の梨状筋の下を通り太ももの裏側へと伸びていきます。一部の人では坐骨神経が梨状筋を貫通しています。

何らかの原因で梨状筋が強く収縮し続けるようになると、坐骨神経が圧迫されて症状が出ます。

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれるような痛みなどの症状のことを指します。

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれるような痛みがあらわれます。

坐骨神経痛の原因は?

梨状筋症候群とは、梨状筋が坐骨神経を圧迫し、坐骨神経痛を引き起こす病気です。

梨状筋の場所はお尻の奥で、バンドのように薄べったい形をしていて、股関節の後ろ側を覆っています。そして梨状筋は、仙骨と大腿骨にくっつき、股関節の動きをコントロールしています。

梨状筋症候群で梨状筋に圧迫される坐骨神経は、腰椎部分から始まり、お尻の梨状筋の下を通り太ももの裏側へと伸びていきます。一部の人では坐骨神経が梨状筋を貫通しています。

何らかの原因で梨状筋が強く収縮し続けるようになると、坐骨神経が圧迫されて症状が出ます。

まつもと鍼灸整骨院のご案内

住所:
〒591-8006
大阪府堺市北区宮本町3 メゾンオクノ1階

アクセス:
【電車の場合】大阪メトロ御堂筋線「北花田駅」2号出口より徒歩2分

駐車場:
院前に専用駐車場3台分