堺市北区北花田のまつもと鍼灸整骨院
*

頭痛について

こんにちは(^^)

堺市北区のまつもと鍼灸整骨院の院長松本です。

 

・頭が締め付けられるように痛い。

・夕方になると、だんだん首や肩がこってきて頭が痛くなる。

・頭痛のせいで物事に集中できず、頭痛薬を飲む

こんなことはありませんか?

日本ではおよそ4000万人の人が頭痛に悩まされていると言われています。

これほど身近な症状のため、「頭痛くらい」と軽く考えられがちですが、日常生活に支障をきたします。

 

頭痛は「日常的に起こる頭痛」・「脳などの病気から起こる頭痛」・「慢性頭痛」と大きく3つに分けられます。

 

日常的に起こる頭痛

日常的に起こる頭痛の原因には、様々ありますが主に次のようなものがあります。

●冷たいものを一度に食べたとき

●アルコールの飲みすぎ、二日酔い

●急な気温や天気の変化など天候によるもの

●人の多い所や、換気の悪い場所にいた時など環境によるもの

●仕事の疲れやストレスなど精神的な緊張によるもの

●生理痛など月経によるもの

●睡眠不足や寝過ぎなど睡眠によるもの

●熱があるなど風邪の症状によるもの

これらの頭痛は比較的症状が軽い、一時的な頭痛であることが多く、慢性化するような心配はないと思われます。

 

脳などの病気による頭痛

「脳などの病気」による頭痛は、普段経験している頭痛とは違い、命にかかわるものがあります。

次のような症状に注意してください。

 

●いままでに経験したことのない激しい痛み。

●突然起きた激しくて強い痛み。

●頭痛の他に、高熱や視覚・平衡感覚の異常、意識の障害がある場合。

●手足に力が入りにくい時や、感覚に異常がある場合。

●ろれつが回りにくい、記憶障害がある場合。

●頭痛が強く、薬の飲んでも効かない場合。

 

これらの症状の場合、脳の病気、副鼻腔炎、目の病気が関係している場合がありますので、早めに医師の診断を受けてください。

 

慢性頭痛

一般的に慢性頭痛は「一次性頭痛」と言われ、明らかな基礎疾患のない頭痛とされています。

一時性頭痛は大きく3つの頭痛に分類されます。

◇緊張性頭痛・・・首や肩のコリ、ストレスなどから起こる頭痛

●頭が締め付けられるように痛い・・・

●きつい帽子をかぶっているような感じがする・・・

●ダラダラとした痛みが続く・・・

などと表現されるのが、緊張性頭痛の特徴です。

 

ではなぜ、緊張性頭痛が起こるのでしょうか?

緊張性頭痛は「肩こり頭痛」といわれるくらい、頭、首や肩の筋肉が緊張し血流が悪くなって起こります。

原因として

◇同じ姿勢での長時間の作業

◇姿勢不良からくる筋肉への負担

◇精神的なストレス

◇パソコンや携帯電話・スマートホンなどの使用による眼精疲労

などがあります。

 

予防や対処法としては、原因となる首や肩の筋肉を緊張をとるといことになります。

 

対処方法(痛くなってきたら)

◇首こりや肩こりなど、こってきている部分をホットパックやドライヤーなどで温め血行を良くする。

◇首や肩のストレッチを行い、筋肉jの緊張を緩める。

◇我慢ができないような痛みなら頭痛薬を飲む(あまりお勧めはしませんが・・・)

 

予防方法

基本的には、対処方法と同じです。

緊張性頭痛の原因となる、首こりや肩こりを解消することで予防できます。

 

 

 

◇片頭痛・・・こめかみ付近を中心に脈を打つような痛みがおこります。遺伝が関与していることもあります。

片頭痛とは、頭の片側のみに発作的に発生し、脈を打つような痛みや嘔吐などの症状を伴うのが特徴的です。

片頭痛は頭の血管が拡張し、血管まわりの神経が刺激されるために起こると言われています。

そのため、脈を打つような痛みがある場合、マッサージや入浴、ストレッチ等をするとさらに血管が広がり、痛みが強くなってしまうので逆効果になります。

片頭痛でツライ思いをされている方は、頭痛外来で医師の診断を受けられることをお勧めします。

 

 

◇群発性頭痛・・・男性に多いとされる頭痛で、目をえぐられるような強烈な痛みが起こります。